Japamanga

日本の漫画を世界へ発信!ジャパマンガはオリジナル漫画を制作しプロデュース。漫画・アニメ・キャラクターなどエンターテイメントニュース・ブログもお届けします。

*

ドラえもん、初の電子書籍化!

      2017/01/08


国民的漫画でもある「ドラえもん」、意外にもまだ電子書籍になっていなかったんですね。リリースから45年を迎えた「ドラえもん」が、遂に電子書籍として発売されました。このニュースを始め電子書籍・電子出版ニュースなど。

スポンサーリンク


ドラえもん、初の電子書籍化!

電子書籍・電子出版ニュース①

藤子・F・不二雄さんの傑作「ドラえもん」の電子書籍が、7月15日イーブックジャパンを始め全国の各電子書店から発売開始となった。てんとう虫コミックス1~45巻。

アメリカ娯楽・メディア大手のディズニーによって、昨年夏に全米約8000万契約のケーブルテレビで放送され話題になり、海外でも展開がますます注目される「ドラえもん」。今回の45週年記念でもある電子版でもう一度心温まる友情&冒険ファンタジーを楽しむのもあり。

イーブックジャパン ドラえもん特設サイト

電子書籍・電子出版ニュース②

電子書籍の大きな潮流として「オーディオブック」そして「定額配信」が挙げられます。
この2つをミックスした新サービスが7月14日から始まりました。

Audible

2008年にアマゾンに買収されグループ入りした米企業・Audibleはオーディオブック、いわゆる音声化した書籍の制作・配信を手掛けており、2015年7月14日から日本でサービスを開始。月額1500円で、無制限に数千タイトルを聴ける定額配信サービスで、最初の1か月は試用期間として無料。 
ドラえもん電子書籍化

夏目漱石や芥川龍之介など文学の名作から、「スティーブ・ジョブズのプレゼン技術を学ぶ本」「日本でいちばん大切にしたい会社」などの経営・ビジネス書、落語、童話、ライトノベルなど日本のオーディオブックも数千タイトルをラインナップ。現在はAndroid端末で視聴可能で、iPad,iPhoneなどiOS向けサービスは近日開始予定。

電子書籍の登場以来、メリットといわれていた音声などメディアの融合がどのくらい普及するか、また定額配信、いわゆる読み放題サービスがアマゾンから提供され、どの程度受け入れられるか、2つの意味で注目のサービスです。

電子書籍・電子出版ニュース③

こちらはさびしいニュース。富士通の電子書店「BooksV」サービス終了が決定。

当サイトによると2011年6月サービス開始から2015年9月29日(火)をもって全てのサービスを終了になるとのこと。購入は7月21日まで可能で、すでに購入した作品については、ダウンロード済みの端末では継続して利用することができる。また今後の対応として、丸善・ジュンク堂書店・文教堂と連携したハイブリッド型総合書店「honto」で利用できるポイント、または「honto電子書籍ストア」での購入時に割引となるクーポンを提供する。

イーブックジャパンやパピレス、BookLiveなど販売タイトル数・売り上げなどを拡大する電子書店がある一方で、ローソンの「エルパカBOOKS」のようにサービス終了を実施・予告する電子書店もあり、海外書店を含めて電子書店淘汰の時代に入ったことは間違いない。

スポンサーリンク


 


 - ニュース