アニメ

新海誠監督のファンタジー作品 アニメ「星を追う子ども」

アニメ「星を追う子ども」とは?

あらすじ

母子家庭で育った明日菜は、成績優秀だが孤独を愛する少女。一人で山に登り、自作のラジオを聴くのを楽しんでいたが、ある日、ラジオを通してもの悲しい音を聞く。下山途中、謎の怪物に襲われそうになるが、シュンという少年に助けられた。

明日菜は、地下世界「アガルタ」から来たというシュンに恋心を抱くも、彼が遺体で発見されたと知り再び山に登る。そこでシュンとうり二つのシンと出会い、アガルタへ向かうこととなったが・・・。

購入すればこのくらい

2011年公開の日本のアニメーション映画。監督 脚本 新海誠 出演 金元寿子 入野自由 井上和彦。

一言感想
ロンドン滞在中に脚本を執筆したという4作目に当たる意欲作は、新海誠監督作品としては異色のファンタジーで、〇ブリを彷彿とさせます。

ただ、冒険ファンタジーの様々な要素をやや入れ込み過ぎ、さらに早い展開で観客が感情移入しづらい面もあって賛否両論見受けられますが、大きなテーマである「生死」については考えさせられる内容になっています。

星を追う子どもが見られる動画配信サービス
 

 

-アニメ
-, , , , , , , , ,