国内ドラマ

日本のドラマ史に残る傑作のひとつ 人を助けぬ道理などない 国内ドラマ「JIN-仁- 完結編」

国内ドラマ「JIN-仁- 完結編」とは?

南方仁(大沢たかお)は、現代に戻ることなく江戸の仁友堂で庶民の治療を続けていた。そこへ坂本龍馬(内野聖陽)が現れ、勝海舟(小日向文世)の親戚でもある佐久間象山という有名な学者を治療してほしいと懇願する。

自らがこの時代の人を治療することで、歴史に大きな影響を与えているのでは・・と南方は悩んでいたが、意を決して京へ向かう。そこでは、長州勢が京に火を放ちまさに戦場と化していた・・・。

購入すればこのくらい

2011年に続編としてTBS系列で放送されテレビドラマ。主演 大沢たかお 出演 中谷美紀 綾瀬はるか 麻生祐未 小出恵介 桐谷健太 田口浩正 小日向文世 内野聖陽。

一言感想
2009年に放送された第一期の続編であり完結編ですが、人はなぜ生きるのか、死、歴史など深いテーマを鮮やかに描いた「JIN-仁- 完結編」は、国内ドラマ史上傑作の一つといっても過言ではありません。

進むべき道に迷っていた坂本龍馬の道しるべとして、現代から来た南方を位置づけたアイデア。架空の人物を幕末史の中に自然と折り込みさらに納得・感動させるという脚本力。注射針・チューブなど時代考証で江戸時代でも製造可能とし手術シーンを臨場感あるものに仕上げた構成力と撮影。

そして綾瀬はるか演じる橘咲が、子供の手術を躊躇した南方に言い放つ「目の前の人を助けぬ道理とはいかなるものか」など頭を後ろから撃たれるような名言。

医療を志す方はもちろん、人生の道に迷った時、どう生きていけばいいか分からなくなったときなど、もう一度じっくりと観ることをおススメします。

JIN-仁- 完結編が見られる動画配信サービス
 

 

-国内ドラマ
-, , , , , , , , , , ,