映画

撮影技術の革新 驚異の3D映像 映画「アバター」

映画「アバター」とは?

ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)は、元海兵隊だが戦場で負傷し下半身不随となっていた。22世紀の地球ではエネルギー問題が大きくなっており、その解決策として地球外衛星パンドラに埋蔵されるアンオブタニウムが必要であった。

開発を計画しているRDA社は、パンドラの先住民ナヴィと交渉するが難航、そこでナヴィと人間のDNAを掛け合わせた人造人間であるアバターに交渉させる計画を策定し、アバターと神経を適合させる要員としてジェイクが参加することに。

購入すればこのくらい

2009年に公開されたアメリカ映画。監督 脚本 製作 ジェームズ・キャメロン 出演 サム・ワーシントン ゾーイ・サルダナ シガニー・ウィーバー。公開当時、斬新な3D映像が話題を呼び、当時の世界興行収入1位の約2,500億円を記録した。日本での興行収入は約156億円。

なお、アカデミー賞は撮影賞などは受賞しているものの、同年公開された元妻の作品「ハート・ロッカー」が監督賞など主要部門を受賞した。

一言コメント
この映画で特筆すべきは特撮技術で、市場に監督が満足する3D撮影用機材がないことから独自開発したことは有名な話。アバターで、浮揚感や奥行き感のある撮影を可能にしたフュージョン・カメラ・システムなど、公開直後、映画関係者にも絶賛されました。

その余韻として3Dテレビも、家電量販店でこぞって販売されましたが、今やすっかり見かけることはなくなってしまいましたね

アバターが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , ,

Copyright© 最新版動画配信サービス比較サイト【VOD3】 , 2019 All Rights Reserved.