映画

殺人の片棒を担ぐことになったタクシー運転手 結末は? 映画「コラテラル」

映画「コラテラル」とは?

あらすじ

ビジネスを立ち上げたいと夢は持つものの、今一つ前へ一歩踏み出せないでいるマックス(ジェイミー・フォックス)は、ロスアンジェルスでタクシー運転手をし、日々を繋いでいた。不動産ビジネスでやってきたというヴィンセント(トム・クルーズ)を乗せたところ、マックスを気に入り一日貸し切りの約束をする。

ところがヴィンセントは殺し屋で、マックスは殺人の片棒を担ぐことになり事実上、運転手として拘束されてしまう・・・。

購入すればこのくらい

2004年公開のアメリカ映画。監督 マイケル・マン 出演 トム・クルーズ ジェイミー・フォックス ジェイダ・ピンケット=スミス。

一言感想
最初にタクシーへ乗せた、女性検察官アニーとのほのぼのとしたやり取りから一転、ヴィンセント登場と1件目の殺しから始まる怒涛の流れは、映画に取り込まれて見事の一言。

そしてアニーとヴィンセントを絡める驚きの展開と、それを知ったマックスはどういう行動をとるのか?など、あっという間の120分です。作品の中で表現される“都会の孤独”で終わるこの映画「コラテラル」、トム・クルーズの一言に一抹の寂しさを感じてしまいます。

コラテラルが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , ,