映画

人間の芯・強さを感じさせる問題作 映画「ジョゼと虎と魚たち」

映画「ジョゼと虎と魚たち」とは?

妻夫木聡演じる恒夫は、雀荘でアルバイトをしている大学4年生。雀荘で車いすを押す老婆の話を小耳に挟んでいたが、ある日坂道を転げ落ちてくる車いすに遭遇する。

恒夫はその車いすを助けるがそこには、足が不自由で歩けないくみ子が乗っていた。彼女のあだ名はジョゼ。彼女に関心を持つ恒夫との距離がますます近くなり・・・。

購入すればこのくらい

2003年、田辺聖子の短編小説を映画化。監督 犬童一心 主演 妻夫木聡 出演 妻夫木聡 池脇千鶴 上野樹里 江口のりこ 音楽 くるり。

一言感想
なんのことはない恋愛物語と思いきや、最後にジョゼにガツーンと一言浴びせられる恒夫。ある意味、人の価値観に影響を与えるほどの言葉に、「ジョゼと虎と魚たち」が印象に残る映画となりました。

好き嫌い・善し悪しがはっきり分かれる作品でもありますので、自分の価値観・価値基準を知るのにも役立ちますよ

ジョゼと虎と魚たちが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , ,