映画

差別とは?老いるとは? 映画「ドライビング Miss デイジー」

映画「ドライビング Miss デイジー」とは?

あらすじ

デイジー・ワサン(ジェシカ・タンディ)は、教師を引退したユダヤ系老婦人。愛車キャデラックで買い物に出かけたところ、隣家に突っ込んでしまった。母親を心配した息子ブーリー・ワサン(ダン・エイクロイド)は、黒人の運転手ホーク・コバーン(モーガン・フリーマン)を雇ったが、世間体を気にしたデイジーは拒否反応を示した。

ところがデイジーは、ホークの人柄に徐々に信頼を寄せ、彼女にとって欠かせない存在になっていく・・・。

購入すればこのくらい

アルフレッド・ウーリーの戯曲を原作とした1989年公開のアメリカ映画。監督 ブルース・ベレスフォード 出演 ジェシカ・タンディ モーガン・フリーマン ダン・エイクロイド。アカデミー賞作品賞、主演女優賞など4部門を受賞した。

一言感想
1948年、アメリカ南部では黒人に対する差別や偏見が色濃く残り、警察官がホークに行った差別行為にデイジーは深く考える。ユダヤ人に対しても同じく差別意識があり、差別をなぜするのか?されるのか?を深く考えさせる作品でもあります。

同時に、人種などに関係なく人間性で交流することが、真の友・パートナーを得て、豊かな人生を送ることができる処方箋であることも教えてくれます。珠玉の映画をぜひ、ご覧ください。

ドライビング Miss デイジーが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , ,