映画

ブルース・リー格闘技の傑作 映画「ドラゴンへの道」

映画「ドラゴンへの道」とは?

イタリア・ローマで中華料理屋を父親から引き継いだチェン(ノラ・ミャオ)は、土地を手に入れたいマフィアに嫌がらせを受け弁護士に相談をする。そこでやってきたのがブルース・リー演じるタン・ロン。

マフィアは、様々な手段を使って店を乗っ取ろうと画策するが、タン・ロンにことごとく封じ込められる。業を煮やしたマフィアのボスはトルコの格闘技の達人に依頼し、タン・ロンをコロッセオにおびき寄せる。そこでタン・ロンとコルト(チャック・ノリス)の戦いが始まる。

購入すればこのくらい

1972年制作の香港映画。製作 レイモンド・チョウ 監督、脚本、主演 ブルース・リー 出演 チャック・ノリス ノラ・ミャオ 英語タイトルは「The Way of the Dragon」

一言感想
ブルース・リー主演の映画は何作かありますが、純粋に格闘技の技や迫力を楽しめるのはこの「ドラゴンへの道」でしょう。

コロッセオを舞台としたチャック・ノリスとの戦いは、戦いの前の事前準備やその音や汗、緊張感も含めて、まるでその場にいるかのような感覚に陥ってしまいます。ブルース・リーを代表するテーマソングと合わせて、楽しんでみてください

ドラゴンへの道が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , ,