映画

英雄から一転犯罪者に? 映画「ハドソン川の奇跡」

とは?

2009年1月15日、乗客155名を乗せたUSエアウェイズ1549便は、離陸後すぐに全エンジン停止という危機に陥る。機長サリー(トム・ハンクス)は、空港への着陸の時間はないと判断し、真冬のハドソン川への不時着を敢行。サリーの操縦技術とニューヨーク市民の懸命の救助作業もあり、乗員乗客全員が生還するするという奇跡を起こした。

英雄と称えられたサリーだが、国家運輸安全委員会の調査によりサリーの判断が正しかったのか疑いがかけれらる・・・・。

購入すればこのくらい

2009年に実際起こった飛行機事故を元に、製作された2016年公開のアメリカ映画。監督 クリント・イーストウッド 主演 トム・ハンクス 出演 アーロン・エッカート ローラ・リニー。

一言感想
映画監督、主演ともにハリウッドを代表する才能で製作された映画ですが、もし自身がベストを尽くして何か成功を成し遂げたときに、それを否定・疑われてしまったとしたら・・・。

そんなときに支えてくれる仲間がいてくれるか?強い自分でいられるか?どんな生き方をしてきたのか?という疑問を投げかけてきます。世界中が喝采した有名な事故を映像化していますが、あたらためて自分自身の生き方も考えさせられる作品です。

○が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , ,