映画

目を曇らせるものは何? 映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とは?

Twitterやfacebookもせず、かつてのヒーロー映画「バードバン」の人気にこだわって時代に取り残されていた俳優 リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、挽回を期して借金を重ねブロードウェイでの芝居に賭ける。

急きょ代役に立てた有名俳優 マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)のキャスティングでリーガンは意気込むが、マイクの才能や災いをもたらす性格に対立が激化する。そうしたなかプレビュー公演を迎えるが・・・。

購入すればこのくらい

2014年に公開されたアメリカ映画。監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 出演 ザック・ガリフィアナキス エドワード・ノートン エマ・ストーン エイミー・ライアン ナオミ・ワッツ。アカデミー賞作品賞や監督賞、ゴールデングローブ賞主演男優賞など各映画祭で受賞した。

一言感想
落ちぶれた俳優が、何に惑わされ何に目を眩ませられていたか?

舞台をめぐって俳優同士の激突や、リーガンとその家族の抱える傷、そしてまるで映画の中にいるかのようなワンカット風のカメラワークと、時折現れるSFタッチのバードマン。
見どころ満載で時間はあっという間に過ぎ去ってしまいます。

エンディングのあのシーンの意味は?最後まで観客に考えさせる作品で、存分に楽しんでください。

バードマンが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , , , , , , ,