映画

警察内部の腐敗を暴く 映画「フェイクシティ」




映画「フェイクシティ」とは?

トム・ラドロー(キアヌ・リーブス)は、犯罪取り締まりのためには手段を選ばないロス市警の刑事。トムは、警察内の内務調査を行うビックス(ヒュー・ローリー)に目を付けられ、調査対象になっていることを知る。

かつての仲間、ワシントンがビッグスに自分を売ったと思い込んだトムは、ワシントンを追ってコンビニに入ったところ2人組のギャングに急襲され、ワシントンは惨殺された。犯人と疑われたトムは、上司のジャック・ワンダー(フォレスト・ウィテカー)の指示通り証拠隠滅を図るが、その背後には大きな陰謀が隠されていた・・・。

購入すればこのくらい

2008年公開のアメリカ映画。監督 デヴィッド・エアー 出演 キアヌ・リーブス フォレスト・ウィテカー ヒュー・ローリー クリス・エヴァンス テリー・クルーズ。

一言感想
キアヌがぴったりとはまるワイルドな刑事役で、全編通してアクションはたっぷり。味方と思っていた上司やチームの皆が実は・・・、どんでん返しのストーリーもあって、驚く展開に。

やや都合のいい展開もあるのですが、そこはハリウッドのアクション映画、細かいところに突っ込まず、キアヌがほかに主役を演じた大ヒット作と何が違うのか?を考えながら見るもの一興です。

フェイクシティが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , ,