映画

SF映画の金字塔 映画「ブレードランナー ファイナル・カット」

映画「ブレードランナー ファイナル・カット」とは?

時は2019年ロスアンジェルス。タイレル社が開発した人造人間「レプリカント」は、宇宙で開拓事業に従事し過酷な労働を強いられていた。

そのレプリカント5体が脱走し殺人事件を引き起こす。外見では見分けがつかないレプリカントを専門に捜査する「ブレードランナー」であるリック・デッカード(ハリソン・フォード)が、彼らを解体すべく追い続けるが・・・。

購入すればこのくらい

1982年公開のアメリカ映画。監督 リドリー・スコット 主演 ハリソン・フォード 出演 ルトガー・ハウアー 音楽 ヴァンゲリス。2007年、ファイナルカットとして監督 リドリー・スコットにより再編集された。

一言感想
公開当初はヒットせず、しばらくたって映画館から人気が出始めたパターンで注目を浴びました。世界観や設定、AIや人造人間など1982年にはまだ早すぎて、やっと時代が追いついたというところでしょうか。

ヴァンゲリスの音楽も、のちに車のCMで使われ聞いたことがある方も多いはず。

最大の謎でもあるリックはレプリカントなのか?という議論は続けられていて、難解なストーリーとともに、いまだに語り続けられるSF映画界の傑作です。

ブレードランナー ファイナル・カットが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , , , ,