映画

未来予知が襲う恐怖 映画「マイノリティ・リポート」




映画「マイノリティ・リポート」とは?

犯罪が多発する2054年のアメリカ ワシントンD.C.では、プリコグという3人の予知者による殺人予知システムにより犯罪が発生前に摘発することで、犯罪発生率が大きく減少していた。

この予知システムにより刑事ジョン・アンダートン(トム・クルーズ)が36時間以内に殺人を犯す、と警告され追う側から一転追われる側に。自らの“無実”を証明するために、追撃を避けるべく危険な目の手術を受け真実を負うが、次第に巨大な陰謀に巻き込まれていることに気づく・・・。

購入すればこのくらい

フィリップ・K・ディックの同名小説を原作とした2002年に公開されたアメリカ映画。監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・クルーズ 出演 コリン・ファレル サマンサ・モートン 製作会社 ドリームワークス。

一言感想
近未来の恐怖を描いたSFサスペンス作品で、監督はスティーヴン・スピルバーグ自らがメガホンを取りドリームワークスが製作しています。

未来といえばAIですが、この映画では予言者 いわゆる“人間”が未来を予測する点が異色。そして、自分の身に覚えのない未来の行動(予測)で逮捕される恐怖や、自分一個人の小さな意見が無視される社会の問題点を浮き彫りにしています。

マイノリティ・リポートが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , , ,