映画

結婚した後に知る本当の愛の難しさ 映画「マディソン郡の橋」

映画「マディソン郡の橋」とは?

ナショナルジョオジラフィックのプロカメラマン ロバート・キンケイド(クリント・イーストウッド)は、世界中を取材で飛び回っていたが、アメリカアイオワ州の片田舎 ローズマン橋で平凡な主婦 フランチェスカ・ジョンソン(メリル・ストリープ)と出会う。 

恋に落ちた2人は、主が留守にしている自宅で結ばれる。4日後、ロバートが出発するときフランチェスカを誘うが、恋をとるべきか家族をとるべきか葛藤する。

購入すればこのくらい

アメリカの小説家 ロバート・ジェームズ・ウォラーの同名小説を原作とした1995年公開のアメリカ映画。監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド メリル・ストリープ。世界で大ヒットし、日本でも23億円の興行収入を上げた。

一言コメント
人生で本当の恋愛をしたことがなかったフランチェスカが、初めて真実の愛を知ったあとにとった行動と、本気で愛したロバートの悲しみが観客に伝わる“雨中の車のシーン”は強く記憶に残ります。

不倫という禁断のテーマではあるものの、大人のリアルラブストーリーを描いた小説もベストセラー作品であり、象徴的なローズマン橋も話題になりました。

マディソン郡の橋が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , ,

Copyright© 最新版動画配信サービス比較サイト【VOD3】 , 2019 All Rights Reserved.