映画

自分の信じた道を貫くことの大切さ 映画「マネー・ボール」

映画「マネー・ボール」とは?

ドラフト1巡目で指名を受け、将来を期待されメジャーリーグプレーヤーとなったビリー・ビーン(ブラッド・ピット)だったが、目立った活躍もなく引退しスカウトとして活動していた。

貧乏球団オークランド・アスレチックスのGMになっていたビリーは、フリーエージェントで大幅な戦力ダウンになるため、オーナーに選手補強の資金追加を懇願するも拒否され途方に暮れる。

購入すればこのくらい

クリーブランド・インディアンズを訪ねたビリーは、イェール大学出身のスタッフ ピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)と出会い、統計学に基づく選手の評価方法に驚き、ピーターを引き抜きチームの大改革を断行するが、多くの壁にぶつかっていく・・・。

マイケル・ルイスのベストセラーとなった同名小説を原作とした、事実に基づく2011年のアメリカ映画。監督 ベネット・ミラー 主演 ブラッド・ピット 出演 ジョナ・ヒル フィリップ・シーモア・ホフマン。

一言コメント
今となっては常識のセイバーメトリクスを導入した時のストーリーです。人は従来の価値観に固執し、新しいものに反発するものですし、それに対抗して新常識を作り出すためには、目に見える結果を出し、協力者を増やすことが大切。

特にプロスポーツの世界では、勝利という結果がはっきり出ますので、ビリー・ビーンの新戦術は理にはかなっていますが、なかなか勝利に恵まれない時、自分を信じ切れるかがポイントになってきます。

単なるサクセスストーリーではなく、苦境に陥った時の乗り切り方が人生の参考になる作品です。野球好き以外の方にもお勧めです。

マネー・ボールが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , ,

Copyright© 最新版動画配信サービス比較サイト【VOD3】 , 2019 All Rights Reserved.