映画

パリで繰り広げられる恋愛模様 映画「巴里の屋根の下」

映画「巴里の屋根の下」とは?

あらすじ

1930年代のパリ。街で歌を指導するアルベールは、ある日参加したルーマニアの娘ポーラに恋をする。ところが彼女は、街のジゴロに付きまとわれており、ポーラに近づくアルベールを疎み、濡れ衣で警察に逮捕されてしまった。

アルベールが収監されている間に、彼の友人と恋仲になったポーラは3人の男たちの間に立って・・・。

購入すればこのくらい

1930年公開のフランス映画。監督 ルネ・クレール 出演 アルベール・プレジャン ポーラ・イレリ 音楽 ラウール・モレッティ。

一言感想
「詩的レアリスム」の代表的な映画監督 ルネ・クレールの初トーキー作品。何気ない日常で展開する男女の恋物語、というよりは、男3人の女性の取り合いの風景は現代も変わらず。

初トーキーということで語りの部分は少なく、音楽などをBGMとして活用していますが今でも十分に楽しめます。1930年代のフランスの雰囲気を感じられる名作をコーヒーでも飲みながら味わってはいかがでしょう。

巴里の屋根の下が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , , ,