映画

改めて民主主義について考える 映画「新聞記者」

映画「新聞記者」とは?

東都新聞記者の吉岡エリカ(シム・ウンギョン)のもとに、目を塗りつぶされた羊が描かれた謎のFAXが届く。それは、政府が進める大学新学部設立についてある疑惑を内部告発するものだった。

ジャーナリストである父親を自殺で失った吉岡は、腰が引ける会社の命令に従うことなく、真実を追求すべく取材を進める中で内閣情報調査室の官僚 杉原拓海(松坂桃李)と出会う。尊敬する先輩の神崎の自殺など、国に不信をもった杉原は、吉岡に協力し真実を暴くことを決心するも、巨大な壁が2人の前に立ちふさがる・・・。

購入すればこのくらい

2019年に公開された日本映画。監督 藤井道人 出演 シム・ウンギョン 松坂桃李 本田翼 西田尚美 高橋和也 北村有起哉 田中哲司。TAMA映画賞特別賞、そしてシム・ウンギョンが最優秀新進女優賞を受賞した。

一言感想
現実とフィクションが混同した作品で賛否が真っ二つに分かれる問題作です。内閣情報調査室のトップがつぶやく「この国の民主主義は形だけでいい」が、この映画で何を言いたいのかを物語っています。

自分の頭でしっかり考え行動すること、という政治や民主主義の原点を改めて考えさせる作品でもあります。動画配信で見ることができますので、実際に見て他人やネットの声に受け流されるのではなく自分で考えて判断してください。

新聞記者が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , , ,