映画

浪人が大名のお家騒動を救う 映画「椿三十郎」

映画「椿三十郎」とは?

あらすじ

正義感溢れる若い侍たちの密談を偶然、お寺で立ち聞きしていた浪人 椿三十郎(黒澤明)だが、その内容に疑問を持ち若侍たちの前に現れる。重臣である大目付の悪行を白日の下にさらすものであったが、三十郎はその罠に気づいたのだ。

若侍のリーダー 睦田の父 城代も策略に嵌り、大目付の一味に捕らわれの身になるが、三十郎と若侍たちは救出に乗り出す・・・。

購入すればこのくらい

1962年公開の日本映画。監督 黒澤明 出演 三船敏郎 仲代達矢 加山雄三 小林桂樹 志村喬。

一言感想
偶然、盗み聞きしたことから浪人が手綱を握って、お家騒動を解決する痛快な時代劇「椿三十郎」。危なっかしい若侍たちを口汚く罵りながらも、いざとなれば命を懸けて救う男気、十数人の敵をあっという間に倒す無敵の剣、相手の裏をかく策略など見どころ満載です。

椿三十郎の最後の言葉にスカッとする作品で、気分爽快!肩で風を切って歩く三十郎、ただただかっこいいの一言です。

椿三十郎が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , ,