映画

アルフレッド・ヒッチコック監督の傑作 映画「海外特派員」

映画「海外特派員」とは?

あらすじ

第2次世界大戦前夜のヨーロッパに、ニューヨークのモーニング・グローブ紙記者 ジョン・ジョーンズ(ジョエル・マクリー)が派遣された。特ダネを取材すべく、オランダの政治家ヴァン・メアに接触を図り、平和運動家のフィッシャーが開いたパーティーにともに参加する。そこでジョンは、フィッシャーの娘 キャロルと知り合い恋に落ちる。

ある日、オランダのアムステルダムにいたジョンの目の前で、ヴァン・メアが暗殺された。ジョンは犯人を追跡し、水車の中に本物のヴァン・メアが捕らわれていることを知り、背後に大きな陰謀があることに気づく・・・。

購入すればこのくらい

1940年公開のアメリカ映画。監督 アルフレッド・ヒッチコック 出演 ジョエル・マクリー ラレイン・デイ ハーバート・マーシャル。日本での公開は1976年。

一言感想
ロンドンに戻ったジョンが爆弾が落ちるさなかでも、アメリカに向けて発する言葉「アメリカが最後の砦・・」、民主主義の防波堤であることは現代の人々こそ再認識すべきこと、「海外特派員」は永遠の傑作です。
海外特派員が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , , , , ,