映画

世界でカンフーブームを巻き起こしたブルース・リーの代表作 映画「燃えよドラゴン」

映画「燃えよドラゴン」とは?

少林寺でカンフーの修行をおこなっていたリー(ブルース・リー)は、国際情報局から3年に1回要塞島で行われる格闘技トーナメントの参加を打診される。主催者のハンは、麻薬犯罪組織のボスであり、麻薬製造などの工場を壊滅させるためであった。

首を縦に振らないリーは、ある日ハンの手下に追い詰められた結果、妹が自殺した事実を知り依頼を受けることに。順調にトーナメントを勝ち進むリーは、夜になると要塞島の詮索を続け麻薬工場を発見することに・・・。

購入すればこのくらい

1973年に製作・公開された香港・アメリカ合作映画。監督 ロバート・クローズ 製作 フレッド・ワイントローブ ポール・ヘラー レイモンド・チョウ 主演 ブルース・リー 出演 ジョン・サクソン ジム・ケリー シー・キエン 音楽 ラロ・シフリン。

一言感想
「燃えよドラゴン」の世界的大ヒットで、ブルース・リーとカンフー、そして香港映画が注目されるようになりましたが、その時にはブルース・リーはすでに亡くなっていました。

ドラゴンへの道」など過去の作品でのキレッキレのアクションシーンや、ミステリアスな謎の死など、多くの若者を魅了したブルース・リー。この作品中の名言「なにも考えるな、感じろ(Don't think! Feel.)」の深い意味を弟子に指導するシーンは必見です。

燃えよドラゴンが見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , ,