映画

名匠フェデリコ・フェリーニの代表作 映画「道」

映画「道」とは?

乱暴で粗野なザンパノ(アンソニー・クイン)は、国中を旅して暮らす旅芸人。スタッフが亡くなったため、その姉妹のジェルソミーナ(ジュリエッタ・マシーナ)を買い取り、ともに旅をすることに。

女好きで自由奔放なザンパノに苦労しながらも、純粋なジェルソミーナは健気にも付き添い芸の手助けをする。ある日、サーカスの一団として2人は加わることになったが、ザンパノとそりの合わないイル・マットとトラブルを起こし、ザンパノは警察に逮捕される。

サーカス団は、ジェルソミーナに一緒に来ることを勧めるが、ジェルソミーナはザンパノを待つことを選択する・・・。

購入すればこのくらい

1954年公開のイタリア映画。監督 脚本 フェデリコ・フェリーニ 出演者 アンソニー・クイン ジュリエッタ・マシーナ 音楽 ニーノ・ロータ。アカデミー外国語映画を受賞し、世界に多大な影響を与えたフェデリコ・フェリーニの代表作。

一言感想
知恵遅れの女性 ジェルソミーナを演じるジュリエッタ・マシーナの素朴な演技、つぶらな瞳に引き込まれ、彼女が選択した人生が悲しい方向へ進んでいく辛さを身に染みて感じます。

彼女を想起させるニーノ・ロータの音楽についつい涙。最後に見せたザンパノの行動が人間とは何かを物語っています。普遍的な名作、時間を作ってぜひご覧ください。

道が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , ,