映画

バブル崩壊後 銀行の闇社会からの決別を描く 映画「金融腐蝕列島 呪縛」




映画「金融腐蝕列島 呪縛」とは?

時はバブル崩壊後の混沌とした1997年、日本を代表する都市銀行である朝日中央銀行(ACB)で、総会屋への不正融資が問題化。ACBに勤務する中堅社員 北野浩(役所広司)は他3人とともに、銀行の再生のため立ち上がり経営陣に改革を迫るも旧態依然とした体制に染まりきっていた経営陣に危機感はなかった。

東京地検特捜部が強制捜査に入り、会社はパニック状態に陥る。煮え切らない上層部に対し、ついに北野たちは、経営陣に退陣を促し調査委員会を立ち上げた。トップに中山公平常務(根津甚八)を米国から迎え、株主総会を乗り切るべく絶対権力者の最高顧問 佐々木英明(仲代達矢)にも調査を実施、裏社会との関係が少しずつに明らかになってくるが・・・。

購入すればこのくらい

高杉良の同名小説を原作とした日本の映画。監督 原田眞人 脚本 高杉良 製作 角川歴彦 出演 役所広司 仲代達矢 椎名桔平 風吹ジュン 若村麻由美 佐藤慶 根津甚八。

一言コメント
1997年、混迷期の金融機関を取り巻く状況を知るには格好の映画です。総会屋に代表される闇社会に、情報誌購読や融資という形でほぼすべての銀行が加担していた時代、彼らとの決別がいかに危険なことであったか。

また、海外メディアであるブルームバーグの記者も登場し、男性優位の社会からジェンダー目線での警鐘を鳴らすなど、新しい息吹も吹き込んでいます。

ラストの背筋が寒くなるような一言とシーンも記憶に残る、経済系映画の名作です。

金融腐蝕列島 呪縛が見られる動画配信サービス
 

 

動画配信サービス比較一覧表

サービスごとの料金・本数・国内シェア・無料期間の比較一覧です。

赤字は項目内で1位評価です。なお料金についてはdアニメストアはアニメ特化のため、次のAmazonプライム・ビデオを1位評価にしています。

サービス名/項目 月額料金(税抜) 配信本数 国内シェア * 無料期間

dTV

500円 120,000 1位 31日

U-NEXT

1,990円 160,000 3位 31日

dアニメストア

400円 2,800 7位 31日

ビデオパス

562円 10,000 8位 30日

Hulu

933円 50,000 2位 14日

FODプレミアム

888円 30,000 - 1ケ月

TSUTAYA

2,417円 * 10,000 9位 30日

Amazon
プライム・ビデオ

463円 *
(年 4,537円)
70,000 5位 30日

*TSUTAYAはDVD宅配レンタルと合わせた料金。なお動画配信のみは月933円(税抜)
*Amazonプライム・ビデオは月額500円、年会費4,900円(税込)の税抜表示です。
*国内シェアは2018年度のGEM Partners調べ

-映画
-, , , , ,

Copyright© 動画配信比較サイト【VOD3】 , 2019 All Rights Reserved.