映画

わずか300の兵で100万の軍に立ち向かう 映画「300-スリー ハンドレッド-」

映画「300-スリー ハンドレッド-」とは?

今をさかのぼること紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに、軍門に下るようペルシア帝国から使者が派遣されるも、これを殺害する。スパルタ国を挙げて抗戦することを評議会で否決され、レオニダスはわずか300の兵力で、100万の兵力を誇るペルシア軍と戦うことに。

味方は屈強な精鋭300の兵隊と、自然の要害のみ。血で血を争う戦いの火ぶたが切って落とされた。

購入すればこのくらい

フランク・ミラー原作の同名グラフィックノベルを原作とした2006年製作のアメリカ映画。監督 ザック・スナイダー 出演 ジェラルド・バトラー レナ・ヘディ。

一言感想
超人的な強さを誇ったといわれるスパルタへの強さの一端がうかがえ、筋肉美や戦闘能力は、当時話題になりました。原作者のフランク・ミラーは、「シンシティ」で映画監督デビューしており、共通の世界観を感じさせる映像もこのテーマにはよく合っています。

かなり過激なシーンもありますので、閲覧要注意です

300-スリー ハンドレッド-が見られる動画配信サービス
 

 

-映画
-, , , , , , , ,